コエンザイムQ10の研究結果

コエンザイムQ10が脂溶性ってどういうこと?

コエンザイムQ10とは?私たちの身体でも作られる抗酸化物質で、身体の代謝活動にかかわる補酵素としてなくてはならないものです。
さまざまな食物にもコエンザイムQ10は含まれていますが、微量です。
一番多いイワシでも、60gのものなら20数匹食べなければ、一日の必要量にならないといいます。
それくらいコエンザイムQ10は脂溶性で吸収しにくい物質だということがわかっています。
脂溶性とはどういうことなのか?吸収しにくい物質を吸収しやすくするにはどうしたらいいのか?
ご説明していきたいと思います。

ビタミンQと呼ばれていたコエンザイムQ10

ビタミンとは身体で作れない栄養素のことをビタミンといいますが、コエンザイムQ10は私たちの身体でも作れる物質なのでビタミンではありません。
ビタミンのように機能的に働く栄養素ということでビタミンQと名付けたようです。
学術名ではユビキノンといいます。
また、ビタミンには脂溶性と水溶性があります。

〇脂溶性ビタミン
脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあります。
ビタミンQであるコエンザイムQ10も脂溶性です。
脂溶性とは、水に溶けにくく、油(脂)に溶けやすい物質のことです。

〇水溶性ビタミン
水溶性ビタミンには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミン3、ビタミンB5、ビタミンH、ビタミンC、ビタミンMがあります。
水溶性とは植物や動物の体内では水に溶けた状態で機能します。

コエンザイムQ10サプリとビタミンE

コエンザイムQ10サプリメントの成分表を見てみると、たいてい油といっしょにカプセル化されています。
コエンザイムQ10は脂溶性で油といっしょに摂ると吸収率がよくなるからですね。
ビタミンEも脂溶性なので、コエンザイムQ10といっしょに添加されていることも多いです。
ビタミンEも抗酸化物質でコエンザイムQ10といっしょになると相乗効果で抗酸化能力が高まります。

また、空腹時に単体でコエンザイムQ10を摂るよりも、食後にコエンザイムQ10を摂るほうが吸収率が違います。
食事で消化酵素が活発に働いている時にコエンザイムQ10を摂るのが効率的ですね。

1錠タイプのものなら、油分の多い食事の時の食後に摂ると良いでしょう。
2錠タイプや3錠タイプは、いっぺんに飲まないで、それぞれの食後に分けて摂るほうが良いです。

コエンザイムQ10には、酸化型と還元型がある

一般的に安いコエンザイムQ10のサプリメントは酸化型がほとんどです。
酸化型は私たちの身体の中で還元型に変換されて、エネルギー代謝や抗酸化力を発揮します。
ところが高齢の方やストレスの多い方は、コエンザイムQ10の酸化型を還元型にする酵素が弱く、うまく吸収されずコエンザイムQ10の機能が発揮されにくいのです。

還元型は最初から還元型なので、摂取するとすぐにコエンザイムQ10の機能を発揮できます。
還元型は少しお値段が高いですが、それだけ高機能なわけですね。

◎包接体とは?
そのままでは吸収しにくい酸化型のコエンザイムQ10をオリゴ糖の一種のシクロデキストリンという物質で包んで吸収しやすくしたものです。

シクロデキストリンの外側は水溶性で、内側は脂溶性という特徴があり、脂溶性のコエンザイムQ10をナノ化されたシクロデキストリンが水の中でコエンザイムQ10を包み込みます。
非常に小さいので身体にも吸収されやすくなります。
包接体のコエンザイムQ10は吸収されやすくなっていますが、体の中で還元体に変換される必要があります。
高齢の方やストレスの多い方には還元型のコエンザイムQ10をお勧めします。

コエンザイムQ10のサプリメントの選び方

コエンザイムQ10に酸化型と還元型があるのはお分かりいただけたかと思いますが。
サプリメントの成分を見る上で重要なことは成分量です。

◎成分量は100mgが望ましい
コエンザイムQ10還元型と書いてあっても、その成分が少なく他の成分が大部分であってはコエンザイムQ10の機能を期待できません。
コエンザイムQ10の一日の標準摂取量は60mgから100mgとされています。
それ以上摂っても副作用は無いとされていますので、100mgのものが望ましいですね。

また脂溶性のコエンザイムQ10をどのような油といっしょにカプセル化しているか?というところも重要なポイントです。
サフラワー油(紅花油)はリノール酸が多いのであまり好ましくはないです。
オリーブオイルは酸化されにくいので、まあ身体に良いです。
一番良いのはクリルオイルです。
クリルオイルは南極のオキアミから取れるオイルで、EPAやDHAなどのオメガ3必須脂肪酸や抗酸化物質のアスタキサンチンなどを含みます。
これらはコエンザイムQ10と相乗効果で抗酸化機能や代謝機能を高めます。

どうせ摂るなら良い油といっしょにカプセル化されているコエンザイムQ10が良いですね。
サフラワー油も身体に少しは必要な油ですから、他で良質なオメガ3を摂取しているなら気にしなくても良いでしょう。
その分お値段が安いサプリメントもあります。
これを機にコエンザイムQ10で健康生活はじめてみませんか。

page top